2010年05月16日

アマリリス(ルイ13世またはギース)

ソッラッソッドッソッラッソ〜…レッスン終了後、お片付けをしながら小さな生徒さんが歌っていました。
今日は、お姉さん先生のピアノ"アマリリス"に合わせてガボットの振付を踊ったのです。フランス1706年のコントルダンス集の中にある振付を、4人のやさしいガボットに少しアレンジして…バロックダンスは初めて!の小さな女の子も、ぴょんぴょん跳ねるステップをまわりのみんなにつられるように一生懸命ジャンプして、最後にはすっかりガボットのイメージができていました。
"アマリリス"は、このダンスの時代もしくは少し前に作られた曲のようです。きっと流行していて、もしかしたら、今日のように踊ったかもしれません。
もうひとクラス、中学生中心のクラスでは、王様のガボットといわれる4人の振付を少しアレンジされたものを"アヴィニヨンの橋の上で"で。参加者が5人だったので、演奏もダンスもローテーション!少し助けてもらいながらの初見演奏と、演奏が終わってダンスに入ると踊り始める場所も変わる…なんていう頭がこんがらがりそうなこと、みんなさらりとやってくれました。
良いお天気、汗をかきながらの気持ちの良いクラスでした。
posted by natsuko_m at 18:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。